厚生労働省・農林水産省認可  日本カイロプラクティック推進協同組合員
 横山脊椎矯正院web
 新潟県新潟市北区のカイロプラクティック施術院、横山脊椎矯正院のサイトです。
カイロプラクティック・整体・各種療法にご興味のある方、ぜひお越しください
トップページウェブ特典アクセス・矯正料金ウェブ漫画自己紹介
症状と対策矯正の手順webコラムカイロプラクティックとは来院者様の声




この記事では「漫画で見る横山脊椎矯正院」制作にあたって、
原作者目線で漫画制作の裏側をお話しさせて頂こうと思っています。

今回は第61話、"四十肩五十肩の原因その2"のひみつです。
では早速、本編をご覧下さい。



漫画で見る横山脊椎矯正院61話 四十肩五十肩の原因その2編



以上が本編です。

先月に引き続き今回も
四十肩五十肩の原因についてのエピソードですね。

前作と今作は見れば見るほど
普段の僕が話している内容そのまんまで、
「メイキングに何も書くことがない!」
という感じなんです。


ですが、メイキングに書くことは無くても
四十肩、五十肩について書くことはあります。

漫画の中で触れていないのですが、
四十肩、五十肩には困ってしまう特徴があります。

それは肩甲骨や腕周りは痛みにとっても鈍感という事なのです。

ですから普段痛みの自覚がないので状況に無自覚だった人が、
コップの水が溢れる様に一定以上の状態になると
急に強い痛みを感じます。

これはよく起こることで、
その状態で来院される方も多いので
僕にとっては驚く事では無いのですが、

来院者さんはそうはいきません。
昨日と一気に状態が変わった様に感じるので、
とってもストレスに感じる方が多いのです。

ですから本人は「突然悪くなった!」と思いがちなのですが
実際はそんな事はほとんど無く
「蓄積した肉体のダメージが一定以上になったので表面化した」
と言う事なのです。

ですから普段の予防が大事になって来るのですが。
痛みに鈍感で痛みを感じ辛く、
予防の必要性を感じない為に「放ったらかし」
と言う方が多いのが現状で非常に困ったものです。


さて、メイキングに関しては
本当に書くことが無くて困っちゃったなぁ
なんて思っていたのですが、

余談だけでテキストがまあまあ出来たので
今回はこのくらいにさせて頂きたいと思います。

それでは、今月の原作です。



 61話原作

四十肩、五十肩の原因その2


引き続き矯正院にいる雅春と由花とヨコヤマ

ヨコヤマ
「前回、肩周りの関節は重量がかさんで
複数の筋肉関節を連動させて動かすので、
特定の筋肉に負荷が掛かりやすいとお話ししましたが。


筋肉は骨格に付着していますから筋肉に負荷が掛かると
骨格変位が起こることも当然考えられます。」


※筋肉と骨格のイラストを入れる余裕があれば入れる

ヨコヤマ
「そうなると筋肉の負荷から骨格の変位が起こるパターンがあれば
骨格変位からの筋肉への負荷のパターンもあるわけです。」


筋肉を傷めた後に骨格をのズレを起こす由花
※調子が悪うそうな状態から強い痛みが出る絵
同様に骨格をのズレを起こした後に筋肉を傷める由花
※強い痛みが出た後から調子が悪うそうな状態の絵
を挿入する

同じ絵で逆向きに矢印を書いても可能

書き文字でヨコヤマ台詞
「筋肉を傷めるとズレが出てきます」
「ズレが起きて筋肉に負荷が掛かります」


ヨコヤマ
「実際に僕がよく話を聞くのは、
各種医療機関に行ってもはっきりしたことを言ってもらえず
なかなか症状が改善してくれないと言ったようなお話です。」

ヨコヤマ書き文字で台詞
「使い過ぎです、としか言われなかったりもですね。」

ヨコヤマ
「筋肉と関節でお互いに干渉しているので、
悪くなりやすくかつ、非常に複雑ですから、
なかなか治りずらいのかも知れませんね。」





今月は以上です、
次作公開後にお会いしましょう。





前へ

次へ

web漫画トップへ





横山脊椎矯正院
 よこやませきついきょうせいいん 

新潟県新潟市北区名目所1-561
Googleマップ参照はこちら
tel 025-259-5477 
e-mail yoko_san_man@yahoo.co.jp
営業時間 月−土 9:00-12:00 14:00-21:00
休業日      日曜日・祝日     
 トップページ  web特典  アクセス・矯正料金 web漫画 
 自己紹介 症状と対策  webコラム 矯正の手順